氷温技術|立花社のこだわり|あさりの販売はあさりどっとコム

氷温技術|立花社のこだわり|あさりの販売はあさりどっとコム

六花社のこだわり

HOME > 六花社のこだわり~熟成技術~

六花社のこだわり

六花社のこだわりのイメージ

あんしんあさりをお届けする為の設備をご紹介

砂抜きひとつ、作業前の保存の時にもあさりの状態に配慮します

六花社の氷温ジェルアイス製氷機は、平均17度の海水をマイナスの温度帯まで下げることが出来る製氷機です。数百ミクロンの氷の粒により、商品を冷却する際、空気が入り込む余地が無くなり、冷却能力が高まります。通常の氷よりも冷却能力が高く、あさりを氷温帯に保つことができます。

冷却能力の高い氷温ジェルアイスを直接、あさりに漬け込むとあさりへの負担が掛かってしまいます。その為、氷温ジェルアイスを一度、大きなシンクに充填し、温度調節を行います。繊細な生き物であるあさりへの負担を減らすと同時に、鮮度低下を防ぎます。

六花社から「氷温包装」でお届けした商品は、お届け後、ジェルアイスが入った箱ごと冷蔵庫で保管しても1週間は氷温帯を維持することができます。生産管理だけでなく、出荷後を考えた商品規格を行うことで、店着後、長い期間、鮮度も保つことができ、美味しい状態であさりを食べることができるのです。