あさりの効能|あさりの豆知識|あさりの販売はあさりどっとコム

あさりの効能|あさりの販売はあさりどっとコム

あさりの豆知識

HOME > あさりの豆知識
知って得するあさりの豆知識
美味しいあさりがきれいな身体のもとになる ~美味しく食べて、健康な身体に~
あさりの栄養と効能効果
効能・効果

動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、高血圧予防、貧血予防、食欲増進があると言われています。
カルシウム、マグネシウム、鉄分などビタミン、ミネラル類を多く含み、旨味のもとである「コハク酸」という有機酸に富んでいます。あさりは帆立貝に次いでコハク酸が多く、調理上で「出汁」が不要です。また魚のカレイ、ヒラメ並みに低い脂肪分と高いタンパク価が魅力です。

栄養
ビタミンB12が貝類で最高の含有量
・体内で合成できないビタミンB12は、同じくビタミンの葉酸とともに赤血球の生成をサポートしてくれます。人にとっては必要不可欠な成分です。
・ビタミンB12はレバーや卵にも多く含まれますが、あさりはレバーや卵に多く含まれているコレステロールが少なく安心して食べることができます。
・悪性貧血に有効なビタミンB12は、水に溶けやすくみそ汁のなどの場合は、汁まで飲みましょう。
タウリンは動脈硬化や高血圧の方にもおススメ
タウリンは、アミノ酸の一種で、動脈硬化に有効とされ、血液中の余分なコレステロールを排出して血液の流れをサラサラにし、動脈硬化を予防する働きや高血圧の予防に効果的があると言われています。、肝機能を高めたり心臓を強くする働きがあるだけでなく、糖尿病を防いだり疲れ目を改善する効果が期待できます。またCMなどでおなじみの疲労回復の効果もあります。
鉄分は増血作用と貧血対策に!
鉄分は、増血作用となります。人間の体の中で作ることができないビタミンB12の供給源でもあります。不足すると、悪性貧血、神経疾患などを起こします。
亜鉛はお肌の維持と滋養強壮
肌や髪、爪の健康を保つ働きがあります。近年では亜鉛不足による味覚異常のある方も増えてきていますが、亜鉛には味覚を正常に保つ効果も期待できます。また、別名「セックスミネラル」とも呼ばれ、生殖機能や性欲を正常に保つ効能も期待できます。
カリウムはむくみの解消へ
身体の中にある余分な水分を排出する働きがあり、むくみの解消が期待できます。また余分な塩分(ナトリウム)を排泄する作用もあるため、高血圧の方にオススメです。
カルシウムは骨や歯を丈夫にします!
日本人に不足しがちなカルシウムが多く含まれており、骨や歯を丈夫にするだけでなく、骨粗しょう症の予防効果が期待できます。
クロムは生活習慣病の予防に一役!
糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きがあります。
あさりで貧血対策!
何よりあさりの注目すべき点は「貧血の予防」ができる栄養が豊富に含まれていること。一般的に「貧血」とは「鉄欠乏性貧血」のことを指し、赤血球やヘモグロビンが正常値よりも低い状態のことを言います。ヘモグロビンは、鉄分を材料にして作られ、赤血球はそのヘモグロビンから作られます。そのため、身体の中に鉄分が不足すれば、ヘモグロビンと赤血球の産生が妨げられ、貧血を起こしやすくなります。この鉄欠乏性貧血の原因は、鉄分の不足だけでなく、偏った食事、1回の食事量が少ない、無理なダイエットでも起こることがあります。
そのため、日頃から栄養バランスの良い食事と、適切な食事量を確保することが大切です。あさりにはヘモグロビンの生成に関わる鉄分や、造血作用のあるビタミンB12、身体の中で鉄分が利用されるのを助ける銅が豊富に含まれているので、貧血が気になる方や妊娠中の方にはオススメです。また、生より佃煮の方が鉄分量が3倍以上にも増えるので活用してみるのも良いでしょう。
あさりの成分

あさりの生可食部100gあたりの成分、次の表は生のアサリに含まれる成分の量です。

水分

タンパク質

脂質

炭水化物

灰分

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

コレステロール

食物繊維

90.3g

6.0g

0.3g

0.4g

3.0g

0.02g

0.05g

0.05g

-g

エネルギー

ビタミンC

ビタミンE

ビタミンD

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

ビタミンB12

30kcal

1mg

0.4mg

0μg

0.02mg

0.16mg

1.4mg

0.04mg

52.4μg

葉酸

パントテン酸

ナトリウム

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

11μg

0.39mg

870mg

140mg

66mg

100mg

85mg

3.8mg

※五訂日本食品標準成分表より